保湿はしっかりとね

スキンケアで一番大切なのは、保湿です。乾燥して、痒くなりかき壊してしまう方も少なくないと思います。痒くなるのは、皮膚の真皮と言うところに刺激が伝わり、痒くなります。真皮に刺激が伝わらないようにするには、その上の表皮に問題が生じています。

 

乾燥肌は表皮の水分が足りなくて、細胞が荒くなることによって起こります。表皮は様々な刺激をバリアしてくれる働きがありますが、表皮の細胞が荒くなると、そのバリア機能が落ちてきます。そうすると、刺激が真皮にまで伝わり、痒くなってしまいます。そうならないためには、表皮にはある程度の水分を与える必要があります。

 

また、水分をいれても、また乾燥してしまうのは、表皮の一番上の角質というところで、水分を外に逃がさないようにする機能も落ちています。女性は入浴後、化粧水、乳液とつけると思いますが、化粧水は皮膚に水分を与え、乳液は入れた水分が外に出ないように膜を作る意味でつけます。

 

したがって、全身乾燥してしまう方は、他の部分でも同じようにすると、違うかもしれません。しかし、顔よりも皮膚が厚いため、入浴時に薬用入浴剤など皮膚への浸透性が高くなる入浴剤を使い、お風呂上がりにまた保湿剤を塗って、膜を作るなどの工夫が必要かもしれません。

参考⇒お肌のうるおいのカギについて

 

また、スキンケアでは食事の見直しが必要なこともあります。食事のを改善することで、乾燥肌が改善されることもあります。しかし、どの方法も、1、2回で改善されるものではないので、根気よく実践していく必要があります。