その難聴はメニエールの症状かも

メニエール病は主に薬による治療ですが、吐き気がひどく、薬を飲むことがつらい場合は、症状を抑えるために点滴を使用し、薬の服用を開始します。ところが、メニエール病はストレスや質の悪い眠りが原因でもあるため早い回復を期待するのであれば体と心の負担を減らすことが大切な事と考えられます。

 

 

 

メニエール病は特効薬がなく、根治の難しい病気のひとつです。

治ることが難しい要因の一つは、発見が遅く見過ごされている事です。何回も発作を起こすごとに病気は悪い方向に進んでいくので、次第に、改善も困難になることが多いです。

 

 

 

当てはまる症状がある方は、早目に受診するようにして頂きたいです。この病気が遺伝性では無いことは難病情報センターのサイトを見ると確認が出来、また世界各国の研究からも遺伝性を示す情報は上がっていないことから、その点において不安はいらないでしょう。

発病は遺伝的要因によるものでは無く、毎日の生活の中に要因となる事柄が存在して内リンパ水腫を引き起こしているとされています。

水分をおぎなわないでおきる脱水やストレスは抗利尿ホルモンは脳下垂体から分泌を促しますが原因により増加してのは以前からよくわかっていました。

 

 

それをなくすには水分補給をよくしストレスを溜めないようにし抗利尿ホルモンを増やさず内耳の血液循環などを流れがよくなると言われて考案されたのが、治療の一つである水分摂取療法なのです。

 

 

メニエール病で起きる症状は程度の大きいめまいや吐き気を感じ一緒に聴覚もやられるため、音はなかなか聴き取りにくくなりライスネル膜が正常に回復すると目眩も改善します。

 

発作がやむまでの時間は各人で変わりますがだいたい30分以上、数時間ぐらいまでの人がほとんどと言われます。

耳の中の蝸牛に水がたまると耳鳴りや難聴三半規管や耳石器にたまると、めまいが起こります。両方とも水がたまる事も多くあります。

 

 

 

発作がひどい時にはそのうえ吐き気・嘔吐・動悸までもが同時に多発します。

 

 

 

これらの症状が出る回数は人によって違い、毎回症状に悩まされる方もいれば、年間数度しか出ない方もいます。主に発症する人のキャラクターは融通が利かない痩せ型の人に多く、働きすぎの状態になると発症しやすくなります。

さらに、アレルギーや血流不全、ウィルスや免疫力の低下、ストレスも一因になっています。

 

一般的には若い女性がストレスが原因でめまいが発症する病気として知られていますが、男盛りの年代や高齢者にも例外なくみられる病気です。

 

職種にもより変わりますが、メニエール病の辛い発作が起きた時は、その時は多かれ少なくとも、影響がどうしても仕事出てきてしまうことは仕方ないはずです。

 

 

 

普通に過ごせなくなる位の発作がないと、全然不足せずに平穏な日々を過ごすことが可能なのに、病気の人にはとてもつらいんでしょう。

 

移動の際の乗り物には配慮が必要になる事もあります。

 

もしも、強いめまい発作になってから間もない時期には再びめまいを起こす可能性が高く、電車やバスなどの揺れによりめまいを引き起こすこともあるのです。

飛行機は揺れが比較的少なくて良いのですが、気圧の変化からメニエール病の発作の誘発に影響される事もあります。

フランスの名耳鼻科医プロスパー・メニエールが、その頃はめまいを起こすのは脳卒中だと言われて通っていた時代に、めまいは内耳に起因していることを初めて特定した医者で、これにちなんで、内耳性のある種のめまいのことはメニエール病であると判断されるようになりました。

 

 

 

厚生労働省発表の特定疾患に指定されている難病の1つです。メニエール病をサプリメントで改善